サイトマップ

管弦楽部について

紹介メッセージ

 1949(昭24)年 当時第三高等学校(現両国高等学校)の合奏団「やまびこ」が母体となり管弦楽団が発足して以来、70年続く伝統ある部活であり、早川正昭氏(49回)、似鳥健彦氏(49回)、保科洋氏(51回)、新田ユリ氏(77回)など日本・世界で活躍する多くの音楽家を輩出しています。
いわゆる下町の江東6区の都立高校では、唯一のオーケストラ。ピッコロ・フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン・トランペット・トロンボーン・チューバなどの管楽器、ティンパニなどの打楽器、そしてヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスなどの弦楽器による大編成でのクラシック音楽を演奏したり、ポピュラー曲なども小編成でのアンサンブルを楽しんだりして、日々演奏技術の上達目指して活動しています。
 現在、中学1年~高校2年までの現役部員数は約80名で、活動日は、原則火・木・土曜日。校内での入学式や卒業式、あるいは学校説明会等での演奏披露、そして文化祭での公演。校外では、東京都高等学校文化連盟文化祭地区大会・中央大会に出演しています。
 特に弦楽器は初心者がほとんどですが、皆コツコツと地道な練習を重ねて少しずつ腕を磨き、オケの一員として合奏に参加し、
全部員が心を合わせて一つの音楽を創造していきます。
この営みは、経験しないとわからない非常に奥深い魅力的なものです。
5年間管弦楽部で続ければ、多くの感動を味わい、必ずやその経験は一生の宝・趣味になることでしょう

〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-7-14
電話 : 03-3631-1815 ファクシミリ : 03-3846-6682
アクセス